分光器、モノクロメータ、HPLCなどの開発・販売のパイオニア、相馬光学は分光領域に革新を起こします。

  • JAPANESE
  • ENGLISH

新着情報

日本獣医師会 獣医学術学会年次大会(石川)

光分析・光計測の相馬光学です。

先週末2/24~26に、石川県金沢市で
平成28年度 日本獣医師会主催の
獣医師学術学会年次大会が行われました。

相馬光学も、「近赤外牛血液測定装置」を出展しました。

この装置は、
牛の血液を採血したその場で測定できるというもので、
ヘマトクリット値やヘモグロビン値から、
貧血や脱水状態を判断することができます。
放牧されている牛はこれらの病気が深刻な問題となっており、
早期発見・治療が望まれます。
製薬系の出展ブースが多い中、
分光器メーカーは珍しく、反響があったのではないかと思います。